銀行ローンの審査って消費者金融と比べれば厳しいのでしょうか

消費者金融会社のカードローンを使って約2年になります。返済は月々していますが借りたり、返したりの繰り返しで元金が思うように減って行きません。借り換えの話を聞いて金利を調べたら、銀行系のカードローンの方が、今借りているカードローンより金利が安いので借り換えをしようかと思っていますが、銀行系の審査の方が消費者金融会社のカードローンよりも厳しいですよね。どういう所が厳しいんでしょうか?

一般的に銀行系の方が消費者金融会社より厳しいです

銀行系のカードローンの方が、消費者金融系のカードローン会社よりも審査は厳しいと言われていです。でもどうして審査に落ちたのかは、教えてはくれませんので、どんな審査基準なのかは解りません。それぞれのカードローン会社の具体的な審査基準が判らないのに、どうして銀行のカードローンの方が審査が厳しいと言えるのと言いますと、それは、銀行系のカードローン審査に落ちて、消費者金融界のカードローンの審査を通ったケースと、その逆のケースを比較した結果、銀行系のカードローンの方が厳しいという一般的な評価になっています。

それと、もう一つ、銀行系と消費者金融系の営業戦略的な面から見ても解ります。消費者金融系のカードローン会社は、元々金利の安い銀行系のカードローン会社との、顧客獲得競争で銀行の低金利に対抗する為に、審査を少し緩くしていると言われています。事実、利用限度額と金利について比較して見ると、銀行系の方が消費者金融系よりも、利用限度額が高めで、しかも低金利の傾向にある事がお解りになると思います。そして借り換えについてですが、年収と現在借りている金額が、わかりませんので何とも言えませんが、どちらへも申し込みは出来ます。

なぜかと言うと、借り換えの場合は、銀行系、消費者金融系、どちらも、総量規制の対象外だからです。ですから、まずは金利の有利な銀行系のカードローンで借り換えを申し込んで審査を受けてみて、ダメなら消費者金融系のカードローンで借り換えを申し込んでみればどうでしょうか?、なお、消費者金融系の会社を利用しての借り換えでしたら、現在、借りているカードローン会社に、借り換えの相談をする方法もあります。今までの利用実績を、踏まえて相談に応じてくれるかも知れません。

キャッシングにおける銀行ローンの審査は甘い

銀行のローンには主に大きく分けて二つのサービスが存在します。一つは、大手の企業や個人に対して貸し出す大型のローンです。これは、一度の融資で数千万円から数億円という規模でお金を貸すことになりますので、非常に規模の大きな融資になります。当然、それに伴う審査もきつくなるのですが、大きなお金を貸してもらうことがメリットが存在しますので、借りる価値がある融資だと言えます。

もう一つの融資の銀行ローンの中でも銀行の子会社であるキャッシング会社が提供しているいわゆるキャッシングと言うサービスです。キャッシングというのは、一般の消費者に向けられた少額融資のサービスの事を言いますので、基本的に誰であってもお金を借りることが出来るようになっています。つまり、融資に関する審査が非常に甘いという特長があるわけです。

銀行ローンの中でも特にカードローンというキャッシングのサービスは高い人気を誇っており、正社員として働いている人だけではなく、アルバイトやパートをしているような学生や主婦であっても利用することができます。少額融資は他の大口の融資と異なって多額の金銭を貸すわけではありませんので、少額融資特有の融資の基準というものが存在するのです。この基準をもとにお金を貸すかどうかを判断することになります。

実際、少額融資には少額融資にしか適用されない法律や規制が存在します。少額のお金を借りる消費者にとって最も憂慮するべき事態なのは、借りたお金を返済することができなくなるということです。特に、個人の消費者に対してお金を貸すということはそれだけ一般人に対して融資に関する関係性を深く求めることでもありますので、非常に慎重に法整備が行なわれているのです。

そのため、銀行側から厳しい審査を強いらなくても融資に関する安全性が担保されることになり、極めて安全にお金を借りることが出来るようになります。だからこそ、人気の高いサービスになっているのです。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2014 即日で借りる|お勧め消費者金融※すぐに融資を受けるならココ! All Rights Reserved.